スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

絵本:『OWL MOON』 邦題:月夜のみみずく

110816_1508~02

『OWL MOON (邦題:月夜のみみずく)』 作: ヨーレン 絵: ショーエンヘール 訳: 工藤 直子

お次はこちら。

この本もまた月の魅力を気配をたっぷり感じられる秀逸な絵本です。
出版社の絵本紹介文を引用しますが、


月夜の雪の森で、わしみみずくに会った少女の胸の高鳴りと、大自然との交歓をみごとに描く詩の絵本。


とあります。月夜の晩が舞台なんですね。
表紙に月と雪野原を行く父娘。わしみみずくを探しに行くところです。
月夜の晩の雪の森は野生動物たちに支配されていて、とても神聖な世界。女の子はその場所に足を踏み入れて、大自然を全身で感じます。

そして、どうしても特筆すべきは、月夜でありながら作中に月がまったくでてこないのです。
出てくるのは、雪野原に長い影を落とす月光だけ。
でも月の存在を始めからたっぷり感じられます。
詩的で情緒的な美しい世界を描ききった絵本。
素敵な内容となっていますので、是非お手にとってみてみてくださいね。

00:10 | 絵本1000冊 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
第2回いちにち絵本喫茶チラシできました♪ | top | 絵本:『リスとお月さま』

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバック URL:
http://1nichiehonkissa.blog.fc2.com/tb.php/46-eead8833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。