スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『はじめてのおつかい』筒井頼子 ぶん 林明子 え

『はじめてのおつかい』筒井頼子 ぶん 林明子 え

10987651_748435265247924_4384412472954554188_n.jpg

表紙をじっくり。
太陽みたいな笑顔の女の子。
ほっぺが赤くてまだ幼い。

この娘は主人公のみいちゃん。5歳。
弟に飲ませる牛乳を買うようお母さんに頼まれて、生まれて初めておつかいに出かけます。お金を持って、買うものと注意事項を覚えて、一人でお店に行ってくるなんて、みいちゃんはドキドキです。
たった一人きりの心許無さみたいなものが、いつもの道を新鮮にも感じさせるし、怖くも感じさせているみたい。お店についてからは、なかなか気がついてもらえなかったことが、みいちゃんの中でだんだん膨らみ、ようやく気がついてもらえたときに、ポロリぽろりと涙になって溢れ出ました。

家をでてから戻って来るまで、みいちゃんの気持ちの動きが丁寧に描かれていて臨場感があり、読んでいるこちらにもストレートにドキドキが伝わってきます。

牛乳を買ってくる、それだけのことがこんなに大冒険になるのもはじめてのおつかいだから。

誰でもいくつになっても、初めての経験はドキドキしますね。
大人にドキドキすることが減った人は、ぜひみいちゃんに感情移入して、初めてのドキドキ感を味わってくださいね^^

Amazon

『はじめてのおつかい』筒井頼子 ぶん 林明子 え






20:30 | 絵本1000冊 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
『ねないこ だれだ』せなけいこ | top | 『わにさんどきっ はいしゃさんどきっ』五味太郎

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバック URL:
http://1nichiehonkissa.blog.fc2.com/tb.php/181-bab3f78f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。