スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『あけるな』谷川 俊太郎 作 安野 光雅 絵

『あけるな』谷川 俊太郎 作 安野 光雅 絵

10292236_751079781650139_4271495374987449723_n.jpg


谷川俊太郎さんと安野光雅さん。
二人とも大好きな作家さんです。
谷川俊太郎さんの言葉には、言葉そのものに意思があるような感覚を受けますね。この本も言葉に主人がいないんですよね。いえ、いるのかもしれませんが、正体はわからないし自由に解釈していいのかもしれないです。
見てください。表紙にはドア。そして「あけるな」の文字。
最初からもう戸惑いを隠せません。
あけるなと言われても、あけるしかないじゃないですか。
でめくると、「あけるなったら」の文字。
さらにページをめくると「あけるとたいへん」になっている。
「あけてはいけない」「あけるなといってるのに」と続き、続く忠告を無視して進むんですから、ドキドキがエスカレートしてしまいます。
さて、あけてはいけない扉をずっと行くと、そこはとても不思議な世界が広がっています。自由に読み取ることのできる余白がいっぱいの世界です。
ここはどこなのか、説明するのはナンセンスだと思います。
肉体から離れて、思考と現実の狭間を旅するような絵本とも言えそうです。
ドアというのはしみじみと不思議なメタファーだと思います。
あちらとこちらの境界の役割だったり、内側と外側の通路だったり。
ドキドキしながら、次元を旅してみてくださいね^^

Amazon

『あけるな』谷川 俊太郎 作 安野 光雅 絵



19:47 | 絵本1000冊 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
『漂流物』デイヴィッド・ウィーズナー | top | 『うごいちゃだめっ』エリカ シルヴァマン ぶん  S.D. シンドラー え  せな あいこ やく

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバック URL:
http://1nichiehonkissa.blog.fc2.com/tb.php/167-ebeeb30f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。