スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『みるなのへや』広松由希子 文 片山健 絵

『みるなのへや』広松由希子 文 片山健 絵

10984992_751203028304481_1205300004660745482_n.jpg

ディテールは少し違うのですが、『みるなのくら』と同じ昔話です。
道に迷った若者がお世話になった家人に「出かけるので、最後のへやは見てはならない」と言われるけれど、我慢できず開けてしまいます。
次々開けては目の前に広がる不思議で素晴らしい景色はたちまち若者を魅了し、次から次へとへやをのぞいていくことになります。
開けないで思いながら開けるんだろうなとも思って開け進めていく、若者の気持ちに思いを重ねてみてください。
広松さんの柔らかく平易な日本語は、すうっと入り込んできて、不思議な出来事に隠された怖さが感じられません。そして、その麻薬ともいうようなへやに広がる景色を片山健さんは色彩豊かに描ききってくださいました。
『みるなのくら』とぜひ読み比べてみて欲しい作品です。

Amazon

『みるなのへや』広松由希子 文 片山健 絵





19:33 | 絵本1000冊 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
『うごいちゃだめっ』エリカ シルヴァマン ぶん  S.D. シンドラー え  せな あいこ やく | top | 『みらなのくら』おざわとしお 再話 赤羽末吉 画

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバック URL:
http://1nichiehonkissa.blog.fc2.com/tb.php/165-34b23f32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。