スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『不思議の国のアリス』ルイス キャロル(原作)ヤン・シュヴァンクマイエル (画), 久美 里美 (翻訳)

よるのいちにち絵本喫茶 テーマ絵本より

yannoalice.jpg

チェコスロバキア・プラハ生まれのシュルレアリストの芸術家、アニメーション作家・映像作家ヤン・シュヴァンクマイエルが最初の挿絵を担当したジョン・テニエルへのオマージュとして画をつけた「不思議の国のアリス」。
エスクアイア マガジン ジャパンから刊行された書籍『アリス』新装版のために描いた描き下ろしコラージュ作品をぜひ堪能してください。
もちろんこの絵本を機に「不思議のアリス」の読みなおしもオススメ。

2007年にラフォーレ原宿で開催した「ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展 〜映画とその周辺〜」では実験的シュルレアリスムの作品と触角芸術のグロテスクさに度肝を抜かれましたが、見た人いらっしゃいますか?
去年も同じ展覧会をラフォーレ原宿でやっていますので反響あったと思うのです。

ヤン・シュヴァンクマイエルのすごさはこれ1冊ではなかなか伝わりにくいと思うのですが、不思議の国のアリスに親しんだ方がヤンを知るにはよい1冊かなと思いました。

賛否でそうな作品ではありますが、一見したグロテスクさを超えたメッセージ性の強さには脱帽します。




15:46 | 絵本1000冊 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
『小さな花の王様』クヴィエタ・パツォウスカー | top | 『ぼくはいろいろしってるよ』アン&ポール・ランド(作),青山南(訳)

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバック URL:
http://1nichiehonkissa.blog.fc2.com/tb.php/117-f49f2c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。