スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『ここが家だ』ベン・シャーン(絵),アーサー・ビナード(詩)

「よるのいちにち絵本喫茶」テーマ本から

120701.jpg

1954年3月1日ビキニ環礁の水爆実験による「死の灰」で被曝した第五福竜丸。その事件の3年後、ベン・シャーンがルポルタージュ月刊誌「ハーパーズ」に挿絵を1957~8年に掛けて描き、その後同一テーマのタブロー作品“Lucky Dragon Series”として連作にしたものに、50年後ビナードが詩をつけた作品。2006年集英社刊。

絵本にするにあたって、ビナードはベン・シャーンがLucky Dragon Seriesで無線長の久保山愛吉を主人公にしたが、そのことについて「放射能病で死亡した無線長は、あなたや私と同じ、ひとりの人間だった。第5福竜丸のシリーズで彼を描くというよりも、私たちみなを描こうとした」という思いでいた。そこから1つの方向性がうまれ、広がりを重視して、連作以外から2点ベン・シャーンの絵を追加したとある。

ベン・シャーンの絵は活写したかのように事実をつきつけているけれど、まぎれもなくベン・シャーンの心に映り、心でつかんだ絵となっているので、事実以上の何かを伝えています。そしてアーサー・ビナードの詩が予言や祈りに似た響きで私たちにつきささり迫ってくる、そんな絵本です。

松岡正剛さんの千夜千冊でも紹介されているので、よかったらこちらもぜひどうぞ。








00:20 | 絵本1000冊 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
『おばあちゃん ひとり せんそうごっこ』谷川 俊太郎 (著), 三輪 滋 (イラスト) | top | 第7回無事に終了いたしました^^

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバック URL:
http://1nichiehonkissa.blog.fc2.com/tb.php/101-b983b8df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。